目元:目頭切開法二重まぶた術

目頭切開法

東洋人に特有の目頭の蒙古ヒダ。 
この蒙古ヒダの特徴が強いと、目が小さく見えたり、目と目の間が離れて見えたり、
全体的に幼い印象に見えます。
これらは目頭切開という方法で取り除く事ができます。 

手術方法

上まぶたから目頭の部分に被さっている、ひだ状の皮膚(蒙古ひだ)を切除し縫合します。 
蒙古ひだを取り除くことで目と目の間隔が狭くなり、切れ長で目が大きな印象になります。 

脱脂法

診療スケジュール

診療スケジュール

よくあるご質問

痛みはありますか?
点眼麻酔と注射の局所麻酔を使用したダブル麻酔で行うため痛みの心配はありません。
局所麻酔の時にチクリとする程度です。 
腫れますか?
切る手術のため、術後は腫れや内出血が出てしまいます。      
個人の代謝量、治癒力にもよりますが、大きな腫れは1~2週間程度です。      
完全な仕上がりまで、最長で3ヶ月程度の時間が必要です。
通院は必要ですか?
5~7日後に抜糸のためご来院頂きます。
メイクや入浴はできますか?
抜糸までは、洗顔やアイメイクはお控え下さい。      
入浴や洗顔は、医師の指示に従って下さい。

>>目元の美容整形に関するよくあるご質問はこちら

費用

目頭切開法

両目の蒙古ヒダ切除

¥262,500


目じり切開法

両目の目じりを切開

¥262,500

0120-626-727 メール相談
ページの先頭へ
Copyright International Aethetic Sergery.Allrights Rreserved.