輪郭(フェイスライン):プロテーゼあご形成

プロテーゼあご形成

手術方法

プロテーゼとは医療用シリコンで作られた人工軟骨です。 
下の歯ぐきを、3センチほど切開し、あごのラインに合わせてプロテーゼを挿入します。 
プロテーゼは下あごとその骨膜の間に挿入して高さとバランスを整えます。

プロテーゼあご形成

診療スケジュール

診療スケジュール

よくあるご質問

痛みはありますか?
あごの内側と外側に局所麻酔を使用しますので、手術中の痛みはありません。
腫れますか?
個人の代謝量や治癒力にもよりますが、1~10日程度腫れます。     
完全に落ち着くには、1ヶ月程かかります。
傷跡は目立ちますか?
切開するのは口の中ですので、傷跡は目立ちません。     
ただし、食事や飲水時、少し、しみることがあります。
メイクや入浴はできますか?
メイクや洗顔は、1週間程度できません。
翌日からシャワー浴、洗髪は可能ですが、 顔は濡らさないようにして下さい。

>>輪郭(フェイスライン)の美容整形に関するよくあるご質問はこちら

費用

プロテーゼあご形成

あご先をとがらせる
(U型プロテーゼ)

¥315,000

あごを前に出す
(ソリッド型プロテーゼ)

¥265,000

プロテーゼ抜去

¥105,000

他院プロテーゼ抜去

¥157,500

プロテーゼ入れ替え

¥プロテーゼ費用+抜去費用の半額

0120-626-727 メール相談
ページの先頭へ
Copyright International Aethetic Sergery.Allrights Rreserved.