多汗症・わきが治療:わきが(切開法・吸引法)

わきが(切開法・吸引法)

わきがの治療には、吸引法と切開法の2種類の方法があります。
あなたに合った方法を提案します。

吸引法と切開法の違い

吸引法と切開法の違い

手汗が気になる、こんな状況を改善しませんか?

脇の下1cm位を切開し、カニューレ管を通して、
脇毛の生えている範囲にある「アポクリン腺(臭いを発生する)」と、
「エクリン腺(汗を分泌する)」を吸引する治療法です。
当院では吸引後、傷が残らないように内側だけを縫合する「内縫い」を行っています。

よくあるご質問

痛みはありますか?
脇に局所麻酔を使用しますので、術中の痛みはほとんどありません。
傷跡は目立ちますか?
内側だけを縫合する「内縫い」を行うため、傷跡は目立たなくなります。
注意することはありますか?
術後5日間は、包帯固定が必要です。
約1ヶ月間は、手を上げたり、重たい荷物を持つのは控えて下さい。
毛根も一緒に吸引するため、脇毛が少なくなりますので、ご了承下さい。
費用(吸引法)

両脇

¥210,000

切開法について

脇の下の中央のシワに沿って、3~5cm位切開し、
皮膚をひっくり返して臭い元を発生させる「アポクリン腺(臭いを発生する)」を
取り除きます。治療後は切開部分の縫合跡が残ります。
※脇の下の範囲が広い場合(特に男性)は切開が二か所になることもあります。

よくあるご質問

痛みはありますか?
脇に局所麻酔を使用しますので、術中の痛みはほとんどありません。
傷跡は目立ちますか?
切開をしてアポクリン腺を取り除くため、傷跡が残ります。
注意することはありますか?
術後はできるだけ安静にしてもらい、手を上げたり、
重たい荷物を持つことはできません。
また、医師の指定する日に検診に来て頂きます。
費用(切開法)

両脇

¥315,000

0120-626-727 メール相談
ページの先頭へ
Copyright International Aethetic Sergery.Allrights Rreserved.