鼻の美容整形に関するよくあるご質問

鼻を高くする手術をすると、
ブラックライトで光るというのは本当ですか?
また肌色でブラックライトで光らない素材は取り扱っていますか?

お問い合わせいただきありがとうございます。

隆鼻術で用いるプロテーゼが、ブラックライトに反応するというのは
一種の都市伝説です。

分かりやすい例としては、ブラックライトは白目にも反応しますが、
まぶた越しに反応するということはありません。
ご安心ください。 

ページの先頭へ

先日、二重をお願いしました○○です。 
カウンセリングのときに、
鼻すじを通すと良いとアドバイスを貰っていたのですが、
それを友達に言ったら「ボッタクリだ。ダマされてるよ。」と
言われてしまいました。 
鼻と目の関連をもう一回教えてください。

○○さん、まぶたの調子はどうですか?

カウンセリングの際に伊藤美咲さんのようなイメージになりたいと聞いていたので、鼻筋のアドバイスをしました。

ご友人に誤解をさせてしまったようで申し訳ないです。
○○さんは、左右の目が離れているから目頭切開もしたいとおっしゃっていましたが、鼻筋を通すことでシャープな印象になる上、
目と目の間隔が気にならなくなる働きがあるのです。

しかも、目頭切開は痕が長く残ることが多く、
費用面でも、お話ししたアクアミド注入のほうがお安くなっているので、説明した次第です。

もし、○○さんがご関心があれば、
次の検診時にでもそのご友人といらっしゃってはいかがでしょうか? 
納得されるまで説明させていただきます。

ページの先頭へ

ヒアルロン酸の隆鼻でダンゴ鼻も修正できますか?

ご質問にお答えします。
ヒアルロン酸は鼻の付け根をはじめ、
鼻筋を通すことが目的となっておりますので、
ダンゴ鼻の修正は「鼻尖軟骨再移植術」という 別の手術になります

組み合わせることも可能です。

ただ、最近では、国際美容外科独自の注入法によって鼻先も
ヒアルロン酸アクアミドで高くしていけるようになりました
ので、
一度ご相談にいらしてください。

ページの先頭へ

アクアミドとは何ですか? 
人体に害はないのでしょうか? 
どのくらいでなくなってしまうものですか?

アクアミドは、高分子の有機プロペン体で、ソフトコンタクトレンズや、人工臓器の素材として知られているポリアクリルアマイドです。 

すでにヨーロッパでは10年以上も形成外科の手術素材として広く使われている安全なものですので、ご安心ください。

また、通常は、注入剤に含まれる水分が、10%~20%程度吸収され、残りは半永久的に持続します。
ただ、患者様の基礎代謝量や治癒力によっては、その割合に多少の差が、生じる場合もあります。

詳しくは、「注入物の種類に関する国際美容外科の考え方」を
ご参照ください。

ページの先頭へ

耳介軟骨移植と鼻尖軟骨再移植の違いを教えてください。 

共に鼻先を細くスリムな印象に変えるという点では同じなのですが、
耳介軟骨移植術は、その字のとおり、耳の軟骨を一部取り出して、
足りない部分に移植して鼻先の高さや細さを形成する手術になります。

もちろん、耳の健康を害するほどには切り取りませんし、傷跡もほとんど目立たなくしますので安心してください。

対して、鼻尖軟骨再移植術は、
鼻先を細くするために切り取った鼻先の軟骨をつなぎ合わせてから、
鼻先の足りない部分に移植するという手術です。

通常は、鼻尖軟骨再移植術をメインに考え、鼻先を補足する必要がなく、高さだけを高くする際に耳介軟骨移植術を用いています。 

ページの先頭へ

小鼻縮小をしたいと考えていますが、
先生的に小鼻縮小することのデメリットを教えてください。

小鼻縮小は、皮膚の一部を切り取って、丁寧に縫い合わせるだけの簡単な手術ですので、特に大きなデメリットは思いつきません。

しいて挙げるとすれば、小鼻と頬の境目にうっすらと傷が残る(ほとんど判別できませんが)点と、鼻の穴が若干狭くなるために、瞬発力を必要とするスポーツをされていると、鼻からの空気が抜けにくいと感じる可能性はあるかもしれません。 


0120-626-727 メール相談
ページの先頭へ
Copyright International Aethetic Sergery.Allrights Rreserved.